ブロックチェーンゲームは日本が世界で戦える唯一の市場

ブロックチェーンゲームが流行り始めたのは2018年頃からです。

当時は詐欺まがいのものも多く、高額でアイテムを売ったけれどそのままゲームがリリースされずにいつの間にか消失していた、という例が相次ぎました。

そんな中、”ちゃんとしたブロックチェーンゲーム”も登場し、徐々にブロックチェーンゲームというものが一般にも知られるようになっていきました。

その中で、世界的に注目を集めたブロックチェーンゲームの2つが日本のブロックチェーンゲームです。

1つが「My Crypto Heroes」というゲーム(通称マイクリ)で、もう1つが「CryptoSpells」というゲーム(通称クリスペ)です。

マイクリの方が先にゲームをリリースし、そのユーザー数はブロックチェーンゲームの中では世界一の規模になりました。

続いてでてきたクリプトスペルズ(クリスペ)は、世界初のカードゲームのブロックチェーンゲームで、これまでのブロックチェーンゲームに比べると圧倒的にゲームとしての面白さがありました。

(クリスペ以前のブロックチェーンゲームは、お世辞にもゲームとはいえるほどのクオリティではなかった。)

クリスペが出る以前は、ブロックチェーンゲームというのは完全に投資目的の人が集まる業界でしたが、クリスペが出たことによって、ゲームを純粋に楽しみたいというゲーマー層もブロックチェーンゲームに流れ込んできました。

これは日本だけでなく、世界でも同じような流れになってきています。

ここで面白いのは、他のIT業界だと、まずはアメリカや中国が先行して、それを日本などの国が真似ていくというのが普通です。一方ブロックチェーンゲームではまず日本が例を作り、その例をアメリカや中国が模倣するという流れになっています。

また、マイクリやクリスペに関しては日本人だけでなく海外のユーザーも結構な数います。

これはまさに日本がブロックチェーンゲームという市場でトップを走っている証拠でもあります。

また、ブロックチェーンゲームのエコシステムのスタンダードもやはりマイクリやクリスペが作っていて、そのスタンダードを他のゲームがパクっている状況です。

ブロックチェーンゲームという業界で、世界をリードする企業が日本にあるというのは非常に嬉しいことです。

ブロックチェーンゲームのユーザーの成熟度も日本はかなり高いです。

ブロックチェーンゲームというのは、イーサリアムなどの仮想通貨を使ってゲームのアイテムなどを購入し、ユーザー間でそれをトレードすることができるのですが、なかなか最初はそのやり方が分からなかったりします。

そこで離脱してしまうユーザーが多いのですが、日本のブロックチェーンゲーマーは早いうちからブロックチェーンゲームをやっていて、ブロックチェーンに関するリテラシーが高いです。

またツイッターなどにそのコミュニティがあるので、そこで分からない人をフォローして教えてあげるという日本らしい文化も形成されています。

その結果、ブロックチェーンゲームを始めてみたけどよく分からずに離脱してしまうという人が少ないです。

このようにユーザーの成熟度も高いので、日本では新たなブロックチェーンゲームが生まれやすくなっています。

ブレヒロやエグリプトといった新しいブロックチェーンゲームも日本で登場していて、これからもますます多くのブロックチェーンゲームが登場することが予想されます。

もちろん海外のブロックチェーンゲームもどんどん出てきていますが、まだ日本が世界的に優位であることには変わりなく、今後も国産のブロックチェーンゲームには非常に期待が持てます。

個人的にはクリプトスペルズが好きなので、もしブロックチェーンゲームってどんな感じなんだろうという人はクリスペから始めてみることをおすすめします。

ちなみにブロックチェーンゲームってそもそも何?といったことは別の記事で書いたのでそちらを参考にしてもらいたいですが、とりあえずは遊んでみて徐々に触りながら知るというのが一番手っ取り早いかもしれないです!笑

https://cryptospells.jp/?refferal=SA3nr_Gbxz-fyihNc5igcQ

↑こちらのリンクから始めると、最初に採掘チケットが10枚もらえます!

もちろん「そんなのいらねえ!」という人は「クリプトスペルズ」で検索すると一番上に出てくると思うのでぜひ始めてみてください!

スポンサーリンク
PC用の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用の広告